WiMAXを中途解約した時には、違約金がかかります。通常の違約金に加えて「キャッシュバック違約金」に注意する必要もあります。ここでは、違約金負担をできるだけ回避するための方法をご紹介します。

 

WiMAXの違約金のしくみ

WiMAXは通常2年更新の契約になっていて、その途中で解約をすると違約金を払わなければなりません。
この違約金は、WiMAXの全プロバイダで同じ金額になっています。

経過月数 違約金
1〜13カ月目

19,000円

14〜25カ月目

14,000円

26カ月目

0円

27カ月目

9,500円

※契約月を0カ月目として計算

 

キャンペーン(キャッシュバック)違約金とは

WiMAXを契約したときに、キャンペーンでキャッシュバック等の特典をもらう約束で契約した場合は、前述の違約金に加えて、キャンペーン(キャッシュバック)違約金の支払いが発生するプロバイダがあります。

 

GMOとくとくBB
通常の違約金に加えて、15,000円のキャッシュバック違約金を払わなければなりません。

 

Biglobe WiMAX
通常の違約金に加えて、15,000円のキャッシュバック違約金を支払わねばなりません。
加えて、Biglobe WiMAXの場合、端末代残債を一括返済する必要があるので注意が必要です。

 

実は、Biglobe WiMAXの場合、端末代金はゼロ円ではなく、「実質ゼロ円」なのです。
どういうことかというと、
月額料金には、端末代金の分割支払い分として800円が毎月請求されていると同時に、「月額料金値引き」として800円割引になっていて、結果的に「実質ゼロ円」になっています。
そのため途中で解約をすると、それ以降に支払うはずだった800円x残りの月数が残債となるわけです。
たとえば、
1カ月で解約すると、800円x (24-1) = 残債18,400円
1年で解約すると、800円x (24-12) = 残債9,600円
となります。

 

違約金の回避方法の問題点

よくWEBサイトでWiMAX違約金負担の回避策が紹介されていますが、けっこう正確ではない情報もあります。

 

違約金負担回避策

更新月に解約

これは間違いありません。
前述の表で26カ月目が0円となっていますが、更新月まで待って解約をすれば、違約金は一銭もかかりません。

 

キャッシュバックをもらってから解約する

これも間違いではありませんが、負担回避にはなりません。
というのは、キャッシュバックをもらってから解約すると、前述の通りキャッシュバック違約金がかかるからです。
たしかに、例えばBiglobe WiMAXを例にとれば、20,000円のキャッシュバックをもらってしまえば、キャッシュバック違約金15,000円を払っても5,000円得するため、違約金負担の「軽減」にはなります。

 

キャッシュバックをもらえる固定回線プロバイダに乗り換える

言っていることは間違いありませんが、WEBサイトで紹介されている方法が、乗り換え先がフレッツ光やauひかりとなっていることが多いところが疑問です。
WiMAXが嫌になったから固定回線に乗り換えるというのであれば、これでOKですが、WiMAXルーターが故障したり、何かの理由で現在のWiMAXの契約を解約はするものの、新たにWiMAXの契約をし直してWiMAXを使いたいという場合は、この手は使えないからです。

 

キャッシュバックの落とし穴
それと、この方法にはもうひとつ大きな問題があります。
それは、キャッシュバックをもらうハードルは非常に高いということです。

 

条件面のハードル
「最大12万円のキャッシュバック」といったド派手な広告を目にしたことがあるかもしれませんが、12万円の半分の6万円は、友達を3人紹介して初めてもらえるものです。このように、「それは厳しい」と思われる条件がけっこうあります。

 

手続き上のハードル
WiMAXのキャンペーンでもよくありますが、キャッシュバックはすぐにはもらえず、だいたい1年後くらいになります。
忘れる人も多いので、プロバイダからキャッシュバック受け取り手続きの案内メールが顧客に送信されます。
しかし、その送信先メールアドレスが、ふだん使っているメールアドレスだはなく、WiMAX契約時に無料付与されたプロバイダーメールのアドレスのため、気づかない人がほとんどだということです。
キャッシュバックは自動的に振り込んでくれるものではなく、申請制がほとんどですから、気づかない間に申請期間が過ぎ、結局受け取れないという人がかなり多いのです。

 

おすすめはBroad WiMAXの乗り換えキャンペーン

今のWiMAXの契約を解約した後も、WiMAXを使いたいという方には、業界最安級の月額料金で人気のプロバイダBroad WiMAXの「乗り換えキャンペーン」がおすすめです。

 

乗り換えキャンペンの内容

  • 他社の違約金(最大19,000円)をBroad WiMAXが負担
  • Broad WiMAXの初期費用(18,857円)をBroad WiMAXが負担
  • 最新端末が全てゼロ円で選び放題

 

つまり、持ち出しなしで新しい端末でWiMAXを利用できるということです。

 

さらに、Broad WiMAXは、キャッシュバックはありませんが、その分月額料金が割り引かれています。
UQ WiMAXの月額料金と比較すると、

Broad WiMAX UQ WiMAX
通常プラン(月間7GB制限あり) 2,726円 3,696円
ギガ放題プラン(月間制限なし) 3,411円 4,380円

 

というように、月額で約1,000円、2年間では約24,000円の割引となっています。
もらえるかどうか不確実なキャッシュバックではなく、確実にメリットを受け取れる月額料金の割引のほうが安心ですね。

 

乗り換えキャンペーンを公式ページで確認してみる

 

【参考】WiMAX各プロバイダの解約手続き

プロバイダ 解約手続き 日割り
UQ WiMAX 電話・書面で即日解約 あり
nifty WiMAX WEBで解約申請 当月末解約 なし
BIGLOBE WiMAX WEBで解約申請25日締め切り 当月末解約 -
GMOとくとくBB 20日までにWEBか書面で 当月末解約 -
so-net WEBで解約 解約日指定可 なし
Broad WiMAX 25日締め切り・電話 当月末解約 -
ビックカメラ 電話・書面 解約日指定可 あり
ヤマダ電機 電話 解約日指定可 あり
ヨドバシカメラ WEBかFAX 即日解約 あり
エディオン 電話かWEB 当月末解約 -
auショップ 電話か店頭 あり